マンション投資の節税対策を大公開|損をしない投資法

リスクを減らして安定収入

女性

メリットの多いサービス

不動産投資は収益物件選びが重要です。立地条件によって多くの人が興味を持つ物件になるからです。しかし物件選び・予想収益率等の検討・購入後が不動産投資の本番となります。不動産投資は必ずリスクを伴いますが、このリスク回避を行なうことで安定した収入を継続的に得ることが可能です。賃貸収入が収入源であるため、賃貸を受け取れない事態を絶対に避ける必要があります。空室率を0パーセントにしても、賃貸料が受け取れないことが続けば不動産投資は失敗になる可能性が高まるからです。このような事態を回避できるのが家賃債務保証です。連帯債務者を必要としないため、身寄りのない高齢者や外国人にとってもメリットの大きなサービスです。入居者から家賃債務保証の業者へ家賃の支払いが行なわれ、家賃債務保証の業者から貸主へ家賃の8割から9割程度が支払われるシステムです。入居者がいれば確実に家賃が入るサービスです。貸主にとっては空室を減らすことに重点を置け、家賃滞納による心理的負担・家賃を取立てる煩わしさからも解放されます。家賃債務保証サービスを受けることで、実際に受け取る金額は下がります。しかし今まで家賃滞納者に対して取り立てを行なったことがなく、多くの収益物件を所有しているため、取り立てに行く時間がない人にとっては多くのメリットがあるサービスです。また収益物件の価値が下落する可能性もあるので、しっかり入居者から家賃を得ることで将来のリスクを減らすことにも繋がります。