マンション投資の節税対策を大公開|損をしない投資法

空き部屋

長期的に収益をあげる

賃貸管理業務にはエレベーターの点検や入居人同士のトラブルの仲介など、貸している部屋が多いと1人ではこなせないほどの仕事量があります。賃貸管理会社と契約すれば自分で対応する必要がなくなります。日常業務の他に将来的な賃貸経営についてアドバイスしてもらうこともできます。

所得を抑えよう

マンション

ワンルームマンション投資のメリットの1つに所得税の節税があります。ワンルームマンション投資で節税するというと、不動産所得を赤字にして、黒字の給与所得と損益通算することで、税金還付を受けるということをイメージされる方が多いです。実際に、ワンルームマンションを購入した年は、イニシャルコストがかかるので、不動産所得は赤字になりやすいので、税金還付を受けられる可能性が高いです。「不動産所得を赤字にしなければ税金還付がないのだから、2年目以降も節税するというのはワンルームマンション投資で赤字を出し続けることを意味することであり本末転倒だ」と言う人もしばしばいます。しかし、税金還付を受けることだけが節税ではありません。納める税金を少なくすることも節税になるのです。そのため、ワンルームマンション投資で節税するということは、いかに赤字にするか、ということを考えるのではなく、いかに不動産所得を小さくするかということを考えればよいのです。ここで1つのキーワードがあります。それは減価償却です。減価償却は現金の支出を伴わない費用であるため、減価償却費を大きくすれば、キャッシュフローが傷まずに節税をすることができるということになります。但し、減価償却の計上額はオーナー自身が決められるものではありません。各物件ごとに決まっています。つまり、節税をしようとするのであれば、減価償却費を大きくとれるワンルームマンションを選べば良いということになります。

お金とマンション

人気物件の特徴

大阪では様々な収益物件が人気です。賃貸マンションや貸倉庫などに投資する人は、とても多いです。賃貸マンションなどに投資をする時は、間取りの特徴を掴むことも大切です。人気の地域に人気の間取りの物件に投資することで、高い利益率を維持することができます。

女性

リスクを減らして安定収入

家賃債務保証は入居者を確保すれば確実に家賃を受け取ることができるサービスです。その為、貸主は空室を減らすことに力を入れれば済みます。しっかり家賃を受け取れ、家賃を取り立てることで生じる心理的負担をゼロにすることが可能です。